みなさま、こんにちは。管理栄養士の岡田です。
暑い季節となり、だるさが続いたり、食欲がなくなるなど「夏バテ」に注意したいこの時期。
夏バテの原因は様々ですが、最近では、冷房の普及により室内と屋外の激しい温度差から自律神経のバランスが乱れることも夏バテの原因です。

夏に不足しがちなビタミンB1

汗をかくと、汗と一緒にビタミンB1が排出されます。
また、喉越しがよい素麺やアイスクリーム、ジュースなどの糖質の多い食品を摂ると、ビタミンB1不足につながります。
ビタミンB1は、糖質をエネルギーとして利用する際に使われる栄養素です。ビタミンB1が不足すると疲れやすくなるだけではなく、太りやすくなることにもつながります。
ビタミンB1は豚肉や豆類、未精製の穀類に多く含まれます。主食のご飯を白米から玄米や胚芽米に変えれば、毎日の食事で手軽にビタミンB1を摂ることができます。

ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉、ハム、うなぎ、タラコ、大豆、玄米、胚芽米など

ネギや玉ねぎ、にんにくに多く含まれる「アリシン」という成分はビタミンB1の吸収を高めてくれます。
豚肉と玉ねぎを合わせた生姜焼きや豚しゃぶ、大豆と野菜を卸したニンニクとトマトで煮込むなど、上手に組み合わせて毎日の食事に摂り入れていきましょう。

また、食欲がないときは、カレー粉や唐辛子のように、ちょっと刺激のある調味料を活用するとよいでしょう。辛い料理には、食欲増進や代謝アップも期待できます。
暑いと、料理をするのも億劫になり簡単に素麺や単品メニューなどの軽食で済ませてしまいがちですが、暑い夏こそしっかりと栄養を摂り入れて体調管理に役立てていきましょう。