写真の説明:思い切って、カナディアンロッキーの雪に埋もれてみました。これで、苦手な雪も少し克服できたかな!?

 

こんにちは。ベジストーリースタッフ「はな」こと 原田です。
みなさまは「これだけは苦手!」といったことはありませんか?
私はもちろんあります!(苦笑)今回は、私が「苦手だったことが少しだけ好きになれた出来事」について紹介します。

四季の中で、一番嫌いな季節が「冬」。その反対に「夏」が一番好きです。
冬が嫌いな理由は、単純に寒いから。外に出かけることが億劫になり、冬の休日はだいたい冬眠しています。(笑)特に雪は、見ているだけで背筋がゾーッとして。「これから寒くなる…」と思うとテンションも下がっていきます。大半は大阪育ちなのですが、小学生の時、2年間だけ長野県に住んでいました。そう、それがきっかけなんです。

寒い時はマイナス15~20℃くらいまで下がり、家の中で暖房を入れていても温かいお茶が薄っすら凍ってしまうほどの極寒地帯に住んでいました。

ところが、今年の春!アメリカとカナダのツアーに参加した時のことです。
最後の観光地がカナディアンロッキーでした。季節は春でも日本の寒波のような気候。
目に雪が飛び込んでくるほど吹雪いていて「早く室内に入りたい…」と震えていると、雪は止み、まばたきが止まってしまうほどの絶景が広がっていました。
雪山のすばらしい絶景が寒さを吹き飛ばし、感動してしばらく動けませんでした。その時「この景色を頭に焼き付けて明日からも頑張ろう」と思い、寒さも雪も少しだけ好きになれました。

今年の冬は、外に出かける機会を増やそうと思っています。夏と同じくらいに好きになれますように。

続きを見る