写真の説明:引き出しには、カトラリーなどを収納しています。鉛筆で穴を空けた痕跡があったりと、以前の持ち主の背景が見えます。

 

こんにちは。ベジストーリースタッフ「はっしー」こと 橋本です。
私は以前、日本の工芸品を扱うショップで働いていたこともあり、日本で作られたものや、古道具にとても魅力を感じます。

特に古道具は大好きで、自宅の家具は古道具を交えています。お気に入りは台所にある作業台。昔、勉強机として使用していたと思われる大きな机です。

一目ぼれをした時が大学3年生。しかし、一人暮らしの家には大きすぎて置けず・・・。

そして2年が過ぎてしまいました。
新居に引越しが決まった後、もうあの机はないだろうと思いながら古道具屋さんを覗くと、2年前と変わらない場所で、私を待っていました!
これは運命だと思い、即決!無事、私の手元に恋い焦がれた机がやってきたのです。

大きな机は、作り置きをする際や、書き物をしたい時、1人カフェを楽しむときなどに、大活躍。使い込んだ木の色は、お気に入りの器との相性も抜群で、いつも癒されています。

引出しが両側についているので、おそらく兄弟が仲良く向かい合って勉強していたのでしょう。今は私と主人が向かい合って食事をしています。
以前の持ち主が大切に使ったように、私も大切に使っていきたいと思います。

続きを見る